自己紹介(専業主婦、サプリメント要らず、シミしわ対策が必要な年代?)

ハッピーな毎日を過ごす専業主婦です

私は、33歳の専業主婦です。社内恋愛していた旦那さんと3年前に結婚し、可愛い2人の子供にも恵まれました。28歳ぐらいの時は、「自分は晩婚なのかな〜」と思うことも多々ありましたが、彼と結婚してからは比較的スピーディーに妊娠出産ができたので、今は人並みになりつつある自分の人生に満足しています。また最近では、近所の公園で仲良く話せるママ友も増え始め、会社員時代と同じように楽しい人間関係に恵まれている私です。

 

美容サプリメントも必要ない

 

専業主婦になってからの私は、家族のために美味しくバランスの良い食事を毎日作るようになりました。会社員時代は連日口にするコンビニ弁当や加工食品、ジャンクフードなどによって、ホルモンバランスの乱れや便秘、肌荒れ、なかなか抜けない疲労といった多くの不調に悩まされていました。でも今は節約を兼ねて、近所の八百屋で購入したフレッシュな野菜を食卓に並べているので、20代の頃のようにマルチビタミンやミネラルのサプリメントを買わなくても良くなりました。また便秘も生じなくなったので、自然の食材だけで健康が保てているのが良い傾向だなぁと思います。

 

33歳はアンチエイジングが必要な年齢

 

先日病院の待合室で雑誌を見ていたら、「30代にはアンチエイジングが必要!」というフレーズが目に飛び込んできました。美容用語に疎い私は、アンチエイジングの意味すら知らないまま30代に突入していました。またここ3年間は結婚妊娠出産で忙しかったので、美容情報が書かれている雑誌を読む余裕もなかった気がします。記事を読み進めていくと肌老化にブレーキをかけるアンチエイジングの必要性がよくわかったので、美容へのモチベーションを高めるためにも、このブログを通して自分を客観視していきたいと思います。